浮気

好きだけど別れる既婚者の心理はコレ!好きだけど別れたその後の関係は

いつかは終わるものと覚悟していた不倫でも、いざ「別れよう」と言われたらショックを受けるものです。ただし普通の恋愛とは違って「好きだけど別れる」という切ない終わり方が多い不倫。

好きだから別れるとはどんな心理なのでしょうか?泥沼にならず、お互いにキッパリと別れるための注意点とあわせて、詳しくご紹介していきます。

好きだけど別れるという結末を選ぶ心理は?

不倫とはいえ、相手の男性とは愛し合っている自信があるのに「別れよう」と言われてしまった・・・。そんな時はもちろんショックを受けますよね。

もしかしたら男性は「好きだけど別れる」という選択をしたのかもしれません。なぜ好きだけど別れる選択をするのか、その心理を探ってみましょう。

①本気になりそうな自分を止めるため

最初はちょっと遊ぶだけだったのに、だんだんのめり込んでしまうのが恋というものです。おそらく男性としても「家族を捨てよう」とは思っていなかったはず。

それがいつしかあなたに夢中になり、周りが見えなくなっていきます。「障害があるほど恋は燃える」という言葉もありますが、二人きりの秘密を抱えている不倫カップルはそれだけでも盛り上がります。

盛り上がっていくうちに、「もっと一緒にいたい」「家に帰りたくない」と思うように。だからといって家族を傷つけるわけにもいかず、これ以上泥沼にハマる前に別れようと決意するのです。

②家族や妻にバレてしまいそう

配偶者を含め、家族にバレそうだと感じた時は、まだ好きだけど別れるという選択をする可能性があります。最近では浮気をしているかどうか調べるなんて、その気になれば簡単にできてしまいます。

浮気調査をする探偵は山ほどいますし、探偵に依頼しなくてもGPSやレコーダーを使えば、言い訳ができないように追い詰めることができます。

万が一、そんな手を使われてしまったら、まず逃げ切ることはできないでしょう。そうなれば子供や妻を傷つけるだけではなく、自分自身のお金や仕事の立場まで失うハメになりかねません。「最近、怪しまれている」と感じると、バレる前に別れを決意しても不思議ではありません。

③好きだからこそ苦しいから

不倫というのは、辛いことがたくさんあります。「会いたい時に会えない」という気持ちや、人目につかないようにコソコソ隠れてデートをするなど、普通の恋愛に付き物の楽しみが半分も経験できないかもしれません。

最初は遊び半分だった付き合いも、好きになればなるほど苦しい気持ちが襲ってきます。もちろん、二人が同じ気持ちで「遊びで十分」また反対に「離婚に向けて頑張ろう!」という同等の熱量ならバランスが取れています。

ただしどちらかの想いが強くなると、あっという間にバランスは崩れてしまうのが不倫の辛いところ。そうなると「好きだけど別れる」という選択をするしかありません。

④罪悪感に苛まれて

不倫は一般的に認められない恋です。そんな恋愛をしている自分に嫌気が差したという可能性も考えられます。特に子供がいる場合、モラルに反していることに強い罪悪感を抱く場合も。

真面目で誠実な男性ほど、罪悪感を感じながら、素知らぬ顔で不倫関係を続けることができません。かといって、あなたを傷つけることもできないため、黙って離れていくケースも多いようです。

もしかしたら、女性が考えている以上に、相手の男性は愛情と罪悪感に板挟みになり、苦しんでいたのかもしれませんね。二人の間に愛情があったとしても、人の道に外れたことをしているということに変わりはありません。

⑤子供ができた

「子供ができた」というのも、別れを決意する大きな要因になります。ただしこの「子供ができた」というのは、2パターン考えられます。

まずは奥さんとの間に子供が出来た場合です。この場合は、男性の気持ちは奥さんに傾いていっていることが多いでしょう。そのため、比較的穏便に別れることができるようです。

ただし問題なのは不倫相手と子供が出来た場合です。父親として認知できないという理由で堕ろしてもらったとしても、女性は深く傷つくでしょう。そうなれば、たとえ好きだとしてもこれ以上一緒にいることはできないかもしれません。

⑥女性に辛い思いをさせたくない

最後は不倫相手を想うからこそ、別れを決断するというパターンです。不倫というものは、絶対に多くのリスクがあります。奥さんにバレた場合には慰謝料が発生したり、社会的な制裁を受けることにもなりかねません。

不倫相手の女性が好きだからこそ、そんな事態に巻き込みたくないと思い、別れを決意します。さらに不倫を続けたとしても、離婚しない限り二人の未来はありません。

好きな女性が自分のせいで、一生結婚できないまま終わってしまうかもしれないのです。女性の将来のことを考えると、自分とは早く別れて、別の相手を見つけてほしいという願いから別れを切り出したのかもしれません。

 

好きだけど別れると泥沼になりがちな4つのパターン

好きだけど別れる・・・そんな別れ方には、実は危険も潜んでいます。タイミングを間違うと、泥沼にハマってしまうことに。好きだけど別れを選んだカップルがハマりがちなパターンを見ていきましょう。

①納得できない

既婚男性の方は、いろいろ考えた末に「好きだけど別れる」という決断をしたのかもしれません。でもそれを一方的に告げられたところで、女性側はそう簡単に納得なんてできません。

「好きなら一緒にいればいいじゃない」と思ってしまうはずです。納得できない別れは、復縁への期待にも繋がります。「好きならやっぱり別れたくない!」と思ってしまうのです。

そのため、円満に別れたとしても、復縁したいと片方が迫ったり、ダラダラと連絡を取り合ってしまうことも。男性側も「好き」という気持ちが残っているので、女性からの連絡をキッパリ断るなんてことは簡単にはできないはずです。

②未練があるので前に進めない

「好きだけど別れる」「好きだからこそ別れる」という決断は、お互いの間に未練を残します。お互いのことが好きだと分かっているのに、そんな簡単に忘れることなんてできません。

「別れたから次の人を探そう」なんて、そう簡単に新しい恋には進めませんよね。未練が残ることで、前に進めなくなる可能性もあります。

普通なら、別れる際にいろいろな覚悟や気持ちの整理をしておくものですが、「好きだけど別れる」という選択肢の場合はそれができていないことがしばしば。そのため、未練を浄化させるために、別れてからも時間がかかってしまうのです。

③一生忘れられない人になる

あなたの心の中に、彼が一生忘れられない人として付きまとう可能性もあります。「愛し合っているのに破局をした」、その状況はあなたの思い出の中の彼をどんどん美化していきます。

あなたはこの先もずっと「会いたいな」「どうして別れてしまったんだろう」と彼を想い続けるでしょう。あなたがこの先、別の男性と恋をしようとしても、彼との思い出が亡霊のように蘇ってきます。

「彼ならこうしてくれたのに」と無意識のうちに比べてしまい、その恋愛がうまくいかなくなってしまうということも。あなたの中で、彼がいつまでも理想の男性になってしまうからです。

④常に後悔が付きまとう

「別れた方がいい」と頭では理解していても、心の中では「別れたくない」と思っているはずです。そうなると、別れた後に後悔に繋がる可能性もあります。

「別れなくても良い方法はなかったのだろうか?」「本当は彼女こそ自分の運命の相手だったのではないか?」という想いがこみ上げてきます。

後悔を感じながら生活していくというのは、とても辛いことです。場合によっては、今自分が置かれている状況が「不幸」だと感じてしまうこともあるでしょう。「好きだけど別れる」という決断をしたばかりに、一生苦しい思いを抱えていくかもしれないのです。

不倫相手とキレイに別れる方法は?

不倫相手とキレイに別れる方法はあるのでしょうか?キッパリ別れられれば、前に進めるかもしれませんよね。不倫をキレイに解消する方法をご紹介します。

①物理的な距離をとる

別れた相手のことをキッパリと忘れたいのであれば、物理的に距離をとることをおすすめします。物理的に距離を取るというのは、会社を辞めたり、長期で旅に出たり、思い切って引っ越しをするということ。

会おうと思っても会えない状況を、自分で作ってしまうのです。好きだという想いがお互いに残っていると、別れた後もなんだかんだ理由をつけて会おうとするものです。

でも会ってしまえば、二人の気持ちは燃え上がり、再び不倫関係に戻ってしまいます。かなりの覚悟が必要ですが、ダラダラした関係を続けたくないのであれば、思い切って物理的な距離を取ってみるというのもおすすめの方法ですよ。

②連絡先や思い出は捨てる

連絡先や思い出の品をいつまでも取っておくことは、あまりおすすめできません。連絡先が残っていると、辛い時やお酒を飲んだ時につい連絡をしてしまう可能性があります。

また彼からもらったプレゼントや写真は、見るたびに彼を思い出すことに。もちろんそれらを消したからと言って、簡単に彼のことを忘れることなんてできません。

でもあなたの気持ちの整理の手助けにはなるでしょう。無理に忘れる必要はありません。ただ、今は思い出を思い返しても辛いだけでしょう。消してしまえば、思い返して辛い思いをすることはなくなります。

③SNSを見ない

相手の男性のSNSの繋がりも絶ってしまいましょう。彼が今どこで何をしているのか、SNSから情報が入ってくると、ついつい「連絡を取りたい」と思ってしまいがちです。

SNSは自分にそのつもりがなくても、相手が更新すれば自分のところに上がってきてしまいますよね。もしかするとあなたが知りたくない情報まで入ってくるかもしれません。

SNSでの情報を消した後は、彼の情報を探して見ることがないように気を付けましょう。そうしてしまうと、せっかっく消しても意味がありませんよ。少しずつ、自分のペースで思い出に変えていきましょう。

④新しい恋を探す

未練が残る相手を忘れるのに、一番効果的なのは「新しい恋を探す」という方法です。ただし、まだ相手のことが好きな場合は、そんな簡単に次の恋に行くことは難しいでしょう。

それでも、一歩踏み出してみることをおすすめします!「彼氏を探そう」という気持ちでなくてもいいのです。「一緒にご飯に行ける人を探す」「同じ趣味を分かち合える人を見つける」という目標でも構いません。

合コンや飲み会、さらには地域のサークルやボランティアなど、人との出会いがありそうな場所には積極的に足を運んでみましょう!新しい出会いが、彼を忘れるきっかけになるかもしれませんよ。

別れを切り出されたけれど諦めきれないときの対処法は?

いろいろ試したけれど、それでも彼のことが忘れらないという場合の対処法をご紹介します。

①愛人のままで幸せだということを伝える

彼はあなたのことを想えばこそ、別れを決意したのかもしれません。「奥さんと離婚できないから、あなたに悪い」と思っているのかも。そんな時には「愛人のままで十分」ということを伝えてみましょう。

愛人という立場が、あなたを苦しめているのではないということを知れば、まだまだ今の関係を続けていこうと思ってくれる可能性があります。離婚する気はないのかもしれませんが、交際の期間は伸びるでしょう。

もちろんあなたが本当にそれでいいならばの話ですが、愛人という立場でも構わないと本気で思っているのであれば、正直に想いを伝えてみると状況が変わる可能性がありますよ。

②彼に依存しない

あなたが重い存在になってしまうと、彼はあなたとの別れを決断せざるを得ません。不倫相手と別れたくないという場合には、彼に依存せず、自分の時間を充実させることが大切です。

仕事に邁進したり、趣味の時間を作るなどして彼に依存しないようにしましょう。あなたが幸せそうに自分の時間を過ごしているのを見ると、彼も「この関係も悪くない」と思うようになります。

会えないからといって、寂しかったり辛い思いをさせていると、「別れた方がいいのかも」と思い、彼はあなたから離れていきます。そうならないためにも、彼と会えない時間を充実させていきましょう。

③奥さんから略奪愛

あなたと彼が相思相愛なのであれば、奥さんからの略奪愛を視野に入れる時期なのかもしれません。不倫という関係を続けていても、いずれは別れるか、もしくは今のまま愛人という立場で終わってしまいます。

略奪愛は幸せになれないと思っている女性は多いですが、略奪愛でも幸せを掴んだカップルは少数ですが存在します。絶対にできない、幸せになれないなんてことはないのです。

ただしやり方次第では、あなたが奥さんに訴えられたり、二度と彼に会えなくなってしまう可能性も。ここは「別れさせ屋」というプロのサービスを利用しましょう!

まとめ

好きだけど別れるという決断をする男性の心理や、別れたくない場合の対処法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

「好きだけど別れる」というのは、お互いとてもつらいもの。それを彼が決断したということは、二人にとって大事な分岐点にいるのは間違いありません。

もしあなたが本気で彼のことを好きなのであれば、思い切って一歩踏み出してみましょう。あなたにとっても彼にとっても後悔しない決断ができるといいですね。

-浮気

Copyright© Re:こじらせ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.