復縁

復縁する気がない元彼の態度が逆転!復縁したいと思わせる5つの方法!会うと言わせたい

別れた元彼を忘れることができず、まだ気持ちが残っていることを自覚すると、「よりを戻したい」と思うことがあるでしょう。

しかし、はじめに付き合う時と違って、復縁とは困難な恋愛です。

なぜなら、ある程度相手の長所も欠点も分かっているから。欠点が原因で別れたのならば、なおさら困難な道のりになります。

場合によっては、元彼は復縁する気が無い態度を示すことも。

それでもどうしても元彼と復縁したいというなら、しっかり基礎的な知識を付けて挑戦しましょう。

元彼が復縁したいと思わせる方法と、心得。彼の本音の確認手段から、注意すべき点までをご紹介します。上手に男心を操って、復縁を成就させましょう。

 

元彼が復縁したいと思わせる5つの方法

元彼と復縁したいと思うなら、元彼が「もう一度あなたといたい」と思わせる行動を意識しましょう。「元彼がどう思うか」と考えることも大事ですが、一度お付き合いをした関係だからこそ「あなた自身」を高める行動が必要になるはずです。

①直接会いに行く

復縁を決意したなら、直接会いに行くことをおすすめします。引っ越しや転勤などのやむを得ない事情で別れた人もいるでしょう。また、冷却期間を置いて「やはり必要な存在だった」と気付くこともあるからです。

この時会うことを拒まれるようならキッパリ諦めましょう。「久しぶりに顔を見たくなって」と深い意味がないことを強調し、あくまでも「友達関係」から再出発する気持ちで会うことがポイントです。

久しぶりに顔を見て話すことで、元彼はあなたの良さを再確認できるかもしれません。「直接顔を見て話す」ということは、彼の態度を変える可能性を秘めているのです。

②趣味に没頭する

あなたが趣味に没頭する姿を見せることも、復縁したいと思わせることができます。復縁と趣味は、関係がないようにみえますが、「自分がいなくても楽しそうにしていることが何なのか」と元彼は興味を持つのです。

今までの趣味を深めるより、新しく違った趣味を持つことをおすすめします。お付き合いがあった関係だと、お互いの趣味を把握しているため、新しい趣味によって、元彼はますます「知らない一面」を知りたいという気持ちになるのです。

復縁のことばかりを考えていると、あなたの気持ちに余裕がなくなってきます。余裕を持つ意味でも、趣味は一役買ってくれるのです。

③自分磨きをする

復縁するためには、自分磨きが役に立つことがあるでしょう。いざ元彼と会うことになったら、「こんなに素敵な女性だっただろうか」と印象付けることができるからです。会わない時間があまりに長いと、あなたの印象自体がぼやけてしまうことがあるため、半年を目安にすると良いでしょう。

メイクを勉強したり、髪型を変えたりするだけでも女性の印象は変わります。体を動かすことが好きならば、ジムに通ってボディラインを整えることもおすすめです。

あなたの魅力を再発見することができれば、元彼は復縁したいという気持ちになる可能性があります。新たな自分の魅力を探してみてください。

④再会の口実を作る

復縁したいと思ってもらうためには、再会の口実を作ることも効果的です。しかし、これは十分な冷却期間を置いた後の方がベターといえるでしょう。別れた直後は、相手も警戒することがあります。喧嘩別れであったなら、火種を大きくしてしまう可能性も考えられます。

再会の口実は、わざとらしくないものが理想的です。借りていたものを返したり、仕事で会わなければならない必要性を作っても良いでしょう。

場合によっては、ものの返却や仕事の依頼でさえも、拒否されてしまうことがあるかもしれません。その時には、きっぱり諦める覚悟も必要です。

⑤共通の友人を交えて交流する

共通の友人がいれば、交えて交流するのもおすすめです。二人きりだと、会ってくれるかすら分かりません。身構えてしまうことにより、話題を探すことに苦労する可能性も考えられます。

グループで交流することによって、これらの課題はほぼ解決するため、二人きりで会うよりもハードルを低くすることができるのです。もちろん、グループの友人に別れたことを話しておきましょう。

可能であれば信頼できる1~2人に、自分が復縁したいことを打ち明けておいても良いかもしれません。助け船を出してくれたり、交流の機会を増やしてくれる可能性も期待できます。

 

復縁するまでに心得ておくべきこと

そもそも復縁とは困難な恋愛です。元彼は、きっとあなたの素敵な部分はもちろん、苦手な部分、直してほしいと思う部分があったでしょう。それらを再度受け入れて、お付き合いをするということになるため、心得ておくべきことが存在するのです。

①現状の自分では、元彼を納得させることはできない

まずは「現状の自分では、元彼を納得させることはできない」ということを受け入れましょう。復縁は、「一生懸命アプローチすれば叶うもの」ではありません。問題があったからこそ、別れに至ったはずです。

元彼が抱いていた不満や欠点があれば、それを直す努力からはじめましょう。現状の自分を否定することになるため、辛い思いをすることもあるでしょう。

しかしあなたが現状を変える努力をしなければ、復縁を叶えることはほぼ不可能です。「この子ならまた付き合ってもいい」と思ってもらえれば、復縁の可能性を高めることができるのです。

②復縁に至るまでには時間がかかることを覚悟する

復縁には時間がかかることを覚悟しましょう。別れた関係からやり直すには、時間がかかることが一般的です。あなた自身はいつでも関係を戻せる状況にあっても、元彼の気持ちが同じとは限りません。

一度別れた人と「もう一度向き合う」という作業は、「別れる決断」をした自分と向き合うことにもなります。復縁まで時間をかけて慎重に考えているということは、それだけあなたの気持ちに誠実な対応をしてくれるといえます。

よって、元彼の気持ちを否定したり、急かしたりすることは避けましょう。じっくり元彼の方から回答をしてくるタイミングを待つのです。

③追いかけるよりも追いかけられることを意識して

復縁する気がない元彼だからこそ、「追いかけられること」を意識しましょう。復縁は、行動を起こさなければ叶うものではありません。しかし、あなたが常に追いかけていては、男性が「追いかけたい」と思うことはないのです。

例えば一度目の連絡は、あなたからしても良いでしょう。しかし、二度目は時間を置いたり、元彼から連絡が来ることを待つ方が「復縁したい」という気持ちになる可能性が高いのです。

通常の恋愛なら、単に「追いかけられること」だけを考えれば良いのですが、復縁には押すと引くのバランスが大事。元彼が追いかけたくなる余白を残すことを努めましょう。

④自分にも非があったことを認める

復縁するためには、自分にも非があったことを認める覚悟が必要です。別れたからには、元彼はあなたに対して良い印象を持っているとは限りません。別れ方にもよりますが、最悪の印象を持たれていると思っても良いでしょう。

あなたが復縁を望むなら、あなたの欠点や悪い癖を洗い出します。そして謝る必要性があるなら、素直に元彼に謝った方が、確実に良い印象を残すことができるでしょう。

元彼は、別れてからあなたとは別の時間を重ねてきたために、あなたへの見方や考え方が変わっている可能性もあります。しかし非を認めるという「素直さ」に勝るものはないのです。

 

元彼が復縁する気があるのかを確認しよう

元彼には、既にお付き合いをしている女性がいるかもしれません。場合によっては、仕事が忙しくて、恋愛を考える時間さえないかもしれません。まずは、あなたが元彼の心に入り込む隙があるのかを確認する必要があります。

パッタリ連絡を断ってみる

現在連絡を取り合う関係なら、一度連絡をパッタリ断ってみましょう。これによって、元彼にとってあなたがどのような存在なのかを考えてもらうきっかけを作れます。

「急に連絡がなくなったから何かあったのかと思って」「何かトラブルでもあった?」と素直に連絡してくるようなら、復縁の可能性を期待できるでしょう。あなたの環境を気にしたり、追いかけてくるような態度が見られれば、より高い復縁の可能性が考えられます。

この時のポイントとして、集中して連絡を取った後が効果的です。徐々に連絡を断つと、単に「予定があったのか」「忙しい時期なのか」と思われてしまうことがあるからです。

直接元彼に復縁の可能性を探ってみる

これまでさばさばしたお付き合いをしていたなら、直接元彼に復縁の可能性を探ってみるのも一つの方法です。もっとも勇気が必要な方法ですが、本人の気持ちを直接聞くことができるため、もっとも確実な答えが得られます。

特に元彼からふられてしまった場合は、プライドが邪魔をして元彼から復縁を切り出せない可能性も考えられます。あなたと同じように、相手の気持ちが分からずモヤモヤしている状態かもしれません。

もちろん話が前向きに進む場合だけではなく、バッサリ断られる可能性があるため、あなたの覚悟が決まったタイミングで話をしてみましょう。

共通の友人に元彼の本音を聞いてもらう

共通の友人がいれば、元彼の復縁に対する本音を聞いてもらっても良いでしょう。元彼が信頼を寄せている友人なら、自然に聞き出すことが可能ですし、深い部分まで話してくれる可能性があります。

さらに第三者を介して話をした場合、「〇〇は別れてから綺麗になったよ」「〇〇の発言は誤解があったんだよ」というように、あなたの長所を述べてくれたり、短所をフォローしてくれることも期待できるため、直接話を聞くメリットとは別のメリットが得られるのです。

信頼ある友人の発言であれば、あなたとの復縁を考えてくれたり、連絡をくれたり、可能性を広げることができるでしょう。

 

実際に連絡を取るときに気を付けたい3つのこと

実際に元彼と連絡を取る時には、周りが見えなくなってしまうことがあるために、注意を払えなくなる可能性があります。日頃から「絶対にやってはいけないこと」と意識づけをし、一生懸命になった時にでも決して忘れないようにしましょう。

あなたの気持ちは態度に出ないように

ストレートに復縁の可能性を聞く場合以外には、あなたの気持ちは態度に出ないように心がけましょう。女性は精神的な繋がりを大切にしますが、男性には肉体的な繋がりを求める人がいます。あなたの純粋な「復縁したい」という気持ちを利用して、遊ばれてしまう可能性があるからです。

復縁したいという気持ちはとりあえず胸にしまって、元彼との新しい信頼関係を再構築することに努めましょう。

「都合の良い女」にならないためにも、線引きをはっきりする必要があります。あなたが毅然とした対応をしていれば、きっと元彼もあなたの気持ちに誠実に対応してくれるでしょう。

付きまとう行為は逆効果

振り向いてもらいたいからといって、元彼を付きまとう行為は逆効果になります。別れたという事実があるのですから、あなたとは完全に「赤の他人」なのです。

約束もなしに、家の前で元彼を待ち伏せたり、職場まで押しかけるような行為は絶対にやめましょう。元彼にも元彼の生活があり、元彼が嫌悪感を抱けば、あなたは「ストーカー」ということになってしまいます。

万が一通報されてしまうようなことになっては、復縁どころではなくなってしまうでしょう。復縁の可能性を残しておきたいなら、必ず「約束」をしてから会うようにするべきです。

自分からは頻繁に連絡をしない

復縁してもらおうと意気込んで、自分から頻繁に連絡することも避けましょう。十分な冷却期間を置かずに頻繁に連絡が来れば、面倒に感じてしまうことがあるのです。

そんな気持ちであなたと向き合えば、別れ話を蒸し返したり、冷静な話ができなかったりする可能性も出てきます。事態が悪化すれば、元カレがメールをスルーしたり、電話に出ないといった状況にもなり得るのです。

別れて間もないうちには、必要最低限の連絡に留めておき、冷静になってからもあなたばかりが連絡するような状況にならないように心がけましょう。「2回に1回は元彼から」がベターです。

 

上手に男心を操ることが復縁への近道

復縁を叶えるためには、男心を上手に操ることができるかどうかがカギになります。あなたは「復縁したい」と思わせるきっかけを作り、その後は元彼に追いかけてもらえるパワーバランスが理想と言えるでしょう。

時には、男性側の気持ちに立って第三者目線で自分を見つめなおすことも必要です。自分の感覚や考え方にとらわれ過ぎてしまうと、男性が「追いかけたくなる」状況を作ることが困難になります。

元彼の感覚や考え方を知っているあなただからこそ、どうしたら「追いかけたくなるか」を冷静に考えれば、きっと復縁に結びつく方法が得られるはずです。

自分自身で元彼の事を考えても、どうすれば良いのか分からない場合は、占い師に次にどんな行動を起こすべきかを確認することも一つの手段。

電話占いの占い師は胡散臭い占いだけを行っているのではなく、これまでに「複雑恋愛」や「復縁」の相談を数多く受けてきました。

そのため、占いによって彼がどう考えているかを読み取り、なおかつ経験則からどのように行動すれば恋愛がうまくいくかのアドバイスをもらうことができます。

初めての場合は10分程度の無料相談が可能ですので、「ただの怪しい占いでしょ?」と考えず、一度占ってもらうことをオススメします。

-復縁

Copyright© Re:こじらせ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.