復縁

復縁のライン例文を知りたい!元彼が復縁したくなるLINE文章術とは?

今や生活から切り離せないツールとなったline。恋の始まりも、恋の発展もそして恋の終わりもlineを介しています。

lineは復縁の手段としても、もちろん有効です。別れてしまった人とまだlineがつながっているならチャンスあり。

元彼の心を動かすline文章術について解説します。

 

復縁lineを送る前に考えるべきこと

元彼との復縁にlineは重要な役目を担います。

しかし、気軽に送れるlineは使いようによっては復縁どころか嫌われてブロックされることもあり得ます。

手軽だからこそ細心の注意を払って使用しましょう。

復縁lineを送る前に考えること、注意するべきことについて解説します。

別れの理由

まず考えるべきは二人が別れた理由です。

別れから多少の時間が経ち冷静になった今だからこそ見えてくる「本当の理由」があります。

男女が出会い恋に落ち、交際に発展するというのはそう簡単ではありません。

せっかく結んだ縁を断ち切る、又は断ち切られたのには相応の理由が必ずあります。

「忙しくて会えない寂しさから別れてしまった」「遠距離など物理的事象に阻まれて別れた」など、お互いの努力によって修正可能な理由であれば復縁後により強い絆を結べる可能性も十分にあります。

「浮気をした、された」「性格的に許せない部分がある」などは、例え復縁できたとしても長続きすることは難しそうです。

復縁lineを送ったことであなたが再び辛い思いをすることがないよう、まずは別れの理由を冷静に考えてみましょう。

なぜ彼と復縁したいのか

復縁したい。その思いが起こる理由はなんでしょうか。

その理由によって、相手の気持ちが動くか動かないかが大きく違ってきます。

「寂しいから」「他の人よりまだマシだから」という気持ちであれば元彼の気持ちは動きません。

心から別れを後悔し、今度こそうまくやりたいという気持ちがあるのかどうかが重要です。

たかがlineですが、人の気持ちは電子を介した短文にも現れます。

内容云々よりも、本能的に感じるもの。彼はlineの一文から瞬時にあなたの本音を見抜きます。

lineを送る前に、自分の本当の気持ちをきちんとみつめておきましょう。

 

彼はライン派?それとも会って話す派?

lineが日常ツールとなって久しい現在ですが、lineやメールはあくまでも連絡ツールと考えている男性も少なくありません。

そのタイプの男性は、重要な話しは会ってもしくは電話でするものと考え、lineで長々と何かを送られても鬱陶しいと感じることがあります。

元彼が、lineで復縁話しをして響くタイプであるのかどうかを思い出してください。

もし、あなたの元彼がlineで大切な話しをしたくないと考えているタイプなのであれば、復縁メッセージにも工夫が必要です。会って話しがしたいとシンプルに伝えるのがベターです。

 

まずは彼の状況をチェック

あれこれ考えて、やっぱり元彼と復縁がしたい。そう思うならできる範囲で彼をリサーチしましょう。

もし、元彼にすでに好きな人がいたり、恋人がいるのであれば復縁の可能性は低くなります。

また、職場での異動や転職直後など、忙しい時期であれば復縁を考える余裕はないでしょう。

lineがつながっているのであれば、まずはタイムラインとアイコンをチェック。SNSなどを利用している彼であれば、のぞかせてもらいましょう。

復縁はタイミングも大切です。実行に移る前に、できるだけしっかり情報を収集しましょう。

 

状況別復縁line例文!

復縁lineの文章は一律ではありません。別れたときの状況や相手の性格、状況によって変化をつけましょう。

一律ではないと言うものの、男性は一般的にまわりくどい表現では理解してくれないことが多いもの。

伝えたいことは、曖昧にせずにストレートに伝えるのがオススメです。

状況別に具体的な復縁lineをご紹介します。

自分から別れを告げた相手

あなたから別れを告げた元彼と復縁がしたいなら、相手の気持ちを考慮することが大切です。

相手はあなたに振られています。その後、彼なりにいろいろ考え気持ちの整理をつけたところ。連絡の際は、嫌な気持ちを思い出させないような工夫がポイントとなります。

相手はあなたに対して「振られた」という思いを持っていますので、復縁したいという目的をはっきり伝えることが有効です。

・元気ですか。先日、久しぶりに○○に行きました。よければ、一度会って話せませんか。あれから、いろいろ考え、やり直せたらと思っています。連絡もらえたら嬉しいです。

ポイントは「やり直ししたい」「連絡が欲しい」という言葉を明確に入れることです。

彼は一度振られたという実績から、あなたに気持ちは無いと思っています。

その思いを解く言葉を入れることで、彼は素直に返事がしやすくなります。

振られた場合

何かの理由で彼から振られたなら、彼への連絡は最低でも半年は控えましょう。彼は彼なりの理由であなたとの別れを決めています。別れの理由は大抵、ネガティヴなもの。人間は、概ね半年で嫌な記憶を忘れますので、彼のあなたへの負の感情が消えた頃に連絡するのがベストです。

振られた相手に対しては未練を見せないことが大事。リスタートというつもりで連絡しましょう。

・こんにちは。最近は忙しくされていますか。私は部署が変わりバタバタしていました。ときどき〇さんの会社の近くを通りますので、お時間合えばお茶でもいきましょう。

男性は一旦好きになった女性をそう簡単に嫌いにはなりません。一時の感情で、好きや嫌いに気持ちが振れることはないのです。

裏を返せば、自分から別れを決めるほど気持ちが覚めたのであれば、そう簡単には気持ちが戻ることはありません。従って、振られた男性との復縁を望むのであれば、復縁ではなく「新規参入」のつもりで挑む必要があります。

前の恋のことはまったく感じさせない様子で連絡することで、彼の気持ちを引き寄せやすくなります。

自然消滅

人間関係は正確には自然消滅という終わり方はありません。どちらかが、継続の意志を持つことをやめ、相手もそれに同調した。しかし、そこにわざわざ別れの言葉がなかった。というだけのことです。

従って、いわゆる自然消滅で終わった恋は他のパターンに比べて、連絡をするということのハードルは低いといえます。上手に水を差し向けて、元彼の様子を探るように近づきましょう。

・どうしてますか?私は、変わらず過ごしています。よかったらまた連絡してね。

このパターンの別れのよいところは、別れの修羅場がなかった分、嫌な印象が残っている可能性が低いという点です。さりげない、前の続きのようなメッセージを送ることで、別れそのものがなかったような錯覚がおこります。

錯覚を利用し、そのまま別れた時点にしらっと戻していくのが復縁の近道です。

 

元彼に新しい彼女や好きな人がいる場合

元彼に既に新しい恋人がいる場合、復縁そのものが困難です。まだ交際に至らず、前段階にある場合もなかなか手ごわいもの。

しかし、可能性はゼロではありません。新しい彼女とうまくいっていない、好きな人と思うように関係が進まない、という状況であれば取り戻せる可能性があります。

復縁が前提のメッセージではなく、相手の心情を伺うlineをまずは送ってみましょう。恋愛を匂わせず、会話を楽しむ内容で送るのがオススメです。

・この前、〇のライブにいったよ。メンバーが変わってもいい感じでした。来月は大阪でもライブがあるみたいだよ。

新しい恋人やプレ恋人がいる元彼に近づくときは、友達距離がベスト。恋人ではないけれど「親しい友人」という立ち位置で話しかけると相手は返事がしやすいものです。

現状、新恋人とうまくいっている場合の復縁はすぐには難しいのが実際です。しかし、友達距離をキープしておくことでいずれ、またチャンスがめぐってくる可能性は十分にあります。

 

復縁ラインの返事に対して取るべき次の対応

元彼にlineメッセージを送った後のひとつめの関門は、返事が来るか来ないかです。未読スルーや既読スルーで返事がないのであれば残念ですが、今は復縁のときではありません。ひとまず、時間をおいて次の手を考えましょう。

ふたつ目の関門は、二度目のメッセージです。一度目の返事は、社交辞令であったり、lineの返信を返さないと失礼という考えで送っていることがあります。即ち、一度返信があっただけでは、よほど核心をついた返事でない限り、「脈あり」ではありません。

一度目の返信が来たあとが本当の勝負です。一度目の返信で、手ごたえが感じられたなら、二度目のメッセージでは、距離を縮めてみましょう。

一度目の返事がイマイチ気持ちを感じない内容であれば、返信はしばらくやめて様子をうかがう駆け引きも有効です。

 

ラインがつながっているならチャンスあり!メッセージで気持ちを引き寄せる

復縁をしたい場合にまず考えるべきことや、具体的なlineの内容例について解説しました。

復縁を望む元彼と別れた後もlineがつながっているのであれば、彼を呼び戻せる可能性はあります。

ただし、勢いに任せてメッセージを送ってしまうとせっかくのチャンスをふいにすることがありますので、事前準備を周到にしておきましょう。

別れたときの状況や、彼の性格を考えてじわじわ近づくのが復縁のセオリーです。

気負いすぎず、ストレートに気持ちを乗せたメッセージを送ることで復縁率はアップ。後悔のないアプローチをすることができます。

-復縁

Copyright© Re:こじらせ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.